研究&テスト


    


トロシフォル 塩水噴霧試験結果

塩水噴霧試験は中間膜の性能確認に不可欠となる過酷な試験 の一つですが、一連の試験の結果、それぞれのアプリケーショ ンにはよりますが、推奨されるクラレの中間膜はトロシフォ ル®ウルトラクリアー高接着とセントリグラス®です。

ガラス破損後の比較

このページでは、異なる中間膜の異なる温度でのガラスのテストのビデオがご覧になれます。


Edge stability test:
SentryGlas® outperforms stiff/structural PVB

Edge stability is defined as a laminate’s resistance over time to form defects along its edge. These defects can arise in the form of small ‘bubbles’ in the laminate or as discoloration of the laminate itself. For designers and architects, edge stability is therefore critical, especially when the edges are exposed to the environment ideally, laminated glass should show no signs of bubbles or delamination over the complete life of the building.


Cyclone-Glazing and Facade Resilience for the Asia Pacific Region
Market Study and Code Survey

この調査の主な目的は、サイクロンが発生する可能性のある地域での耐サイクロンカーテンウォールの仕様、設計、施工に関する現行の基準とベストプラクティスを概観することです。


Cyclone-Resistant Facades
Best Practices in Australia, Hong Kong, Japan and the Philippines

これは、国際的に認められたCTBUHによって実施された2年間の研究プロジェクト「アジア太平洋地域におけるサイクロングレージングとファサードの復元性」の最終報告です。

この研究の主な目的は、アジア太平洋地域のサイクロンが発生しやすい地域において、サイクロンに対応するカーテンウォールの設計、建設、および設置に関する既存の標準とベストプラクティスを概説することです。

建築プロジェクトが見直され、ファサード設計が評価されました。 さらに、この特定のトピックに関して政府、産業界および学術機関によって行われている進行中の研究活動が簡単に議論されており、将来の可能性のあるステップが強調されています。