ルーフ&オーバーヘッド

建築の観点から言えば、オーバーヘッドグレージングやルーフグレージングは、破損時に落下する可能性があり、安全性などに関する懸念を引き起こすガラスであると定義されています。ガラスは通常、人が占有する空間上に設置されます。オーバーヘッドグレージングの例としては、スロープ型オーバーヘッドグレージングだけでなく、ルーフやトップライトも挙げられます。他のタイプのオーバーヘッドグレージングには、建物のフロントドアや入口上に設置されたキャノピーが含まれます。
   

以下のエリアでは、トロシフォル®中間膜を用いた安全合わせガラスをトップライトとキャノピーに適用した例についてまとめています。

ENDESA HEADQUARTERS

SCHUBERTS BAND SHELL

GLASS WITHOUT CONNECTIONS PLANAR SYSTEMS

FONDATION LOUIS VUITTON

PARQUE TOREO MALL

GLASS DOME OF GERMAN REICHSTAG

HEADQUARTERS OF DEUTSCHE POST WORLD NET

NARDINI BOLLE EXHIBITION CENTRE

YAS HOTEL, ABU DHABI

PORTA SUSA RAILWAY STATION

TOYOTA HEADQUARTERS

MANACAR MALL, MEXICO CITY

RAPID TRANSIT SYSTEM IN CALIFORNIA

INTERVIEW WITH FRANCESC ARBÓS

AMERICAN DREAM, EAST RUTHERFORD, NEW JERSEY